北海道帯広市で税務・会計、起業支援、確定申告のことなら熊野一男税理士事務所

熊野一男税理士事務所

北海道帯広市白樺十六条東20-5
のむらビル2F

Tel:0155-36-5171

トップページ当事務所の特徴業務内容よくあるご質問ご契約の流れお問い合わせ事務所概要

よくあるご質問

当事務所に良くいただくご質問にお答えします。

下記にないご質問・お問い合わせがございましたら、お気軽にお電話(0155-36-5171)、もしくはお問い合わせフォームよりご相談下さい。

理想的な事業運営の流れを教えてください。

@ 青色申告個人事業主として、事業を開始する。
A 株式会社として、法人成りをする。
B 優良企業に成長し、後継者にスムーズな事業承継を行う。
  ただし、かなり確実な勝算があれば、最初から株式会社を設立して、
 事業を開始します。

dummy

法人成りするタイミングを教えてください。

@ 相続開始時における、金融機関による個人事業主名義預金口座の
 一時的な凍結などの事業承継上のデメリット
A 消費税2期免除というメリット
B 個人事業主の課税所得が一定の所得水準を超えると、法人化が節税上
 有利になるというメリット
  などを、総合的に勘案して、法人化のタイミングを図ります。

dummy

経営分析をする上での、代表的な経営指標を教えてください。

@ 収益性を知る、売上高営業利益率
A 効率性を知る、総資本回転率
B 安全性を知る、自己資本比率
C 支払能力を知る、営業キャッシュ・フロー(CF)対有利子負債比率


dummy

売上高営業利益率について、教えてください。

 計算式 (営業利益/売上高)*100%
 本来の事業で儲ける力を表す指標で、この比率が高いほど稼ぐ力が
高いと判断できます。
 改善ポイント
@ 売上高の増加
  販売数量を増やせないか? 売上単価を上げられないか?
 を商品別・得意先別などに分類して、チェックする。
  新規顧客の開拓と既存顧客の深耕を図る。
A 売上原価の削減
  仕入価格・製造原価が上昇していないかをチェックする。
B 販売費及び一般管理費の削減
  売上に関係なく一定額必要な、会社を維持するための費用、すなわち、
 固定費については、本当に必要かを見直す。特に、人件費の金額は適正か?
 余剰人員はないか?
  売上の増減により変動する、販売活動に関する費用、すなわち、
 変動費については、売上の増加に対応して効果が出ているか?
 単位当たり変動費を引き下げる努力をする。

dummy

総資本回転率について、教えてください。

計算式 (売上高/総資本)回
 総資本(=負債+自己資本→総資産と同じ)が売上という形で、1年間で
何回回収されたかを表す指標で、この数字が大きいほど効率的な経営が
行われていると判断できます。
 改善ポイント
@ 総資産の圧縮
  無駄な資産を購入していないか?
  棚卸資産を過剰に持ちすぎていないか?
  売上債権の回収は速やかに行われているか?
  遊休資産などを売却し、借入金の返済ができないか?
  などをチェックする。
A 売上高の増加

dummy

自己資本比率について、教えてください。

計算式 (自己資本/総資産)*100%
 財務体質が安定しているかどうかを表す指標で、この比率が高いほど
財務の安全性は高いと判断できます。
 改善ポイント
@ 自己資本の増強
  利益(キャッシュ・フロー)を増やし、内部留保の充実を図る。
  過剰な借入れを行わない。
A 総資産の圧縮

dummy

営業キャッシュフロー(CF)対有利子負債比率について、教えてください。

計算式 (営業キャッシュ・フロー/有利子負債)*100%
 営業キャッシュ・フローで、返済しなければならない有利子負債を
どの程度賄えるかを表す指標で、この比率が高いほど支払能力は高いと
判断できます。
 営業キャッシュ・フローは、本来の事業から得られるキャッシュを
表すものです。
 改善ポイント
@ 営業キャッシュ・フローの増強
  売上高営業利益率を引き上げる。
  必要のない設備投資を抑制し、減価償却費を減らす。
A 借入金の圧縮
  売上債権の回収・棚卸資産の圧縮などを図り、借入金の返済に努める。

dummy

借入金に対する基本的な心得を、教えてください。


@ 必要運転資金は、短期借入金(できれば、役員借入金)で賄います。
  * 必要運転資金=(受取手形+売掛金+棚卸資産)-(支払手形+買掛金)
A 設備資金は、長期借入金で賄います。
 建物・機械・車両などの減価償却性資産の返済原資は、減価償却費です。
 土地などの非減価償却性資産の返済原資は、税引後利益です。

B (根本的な返済を確認するための計算式)
  税引後利益+減価償却費 > 1年間の総返済金額
  支出を伴う極端な節税をすると、確かに納税額は減りますが
 税引後利益も大幅に減り返済できなくなります。
  きちんと納税し税引後利益を増やし、内部留保を充実させていくと、
 財務体質が改善され、融資を受けやすくなります。

dummy

  • お問い合わせ
  • よくあるご質問
  • ご契約の流れ
  • リンク紹介
  • プライバシーポリシー
熊野一男税理士事務所

北海道帯広市白樺十六条東20-5
のむらビル2F

Tel:0155-36-5171

アクセスマップはこちらから

dummy